【バカラ攻略】マーチンゲール法┃賭け金を2倍にしていく方法

【バカラ攻略】マーチンゲール法┃賭け金を2倍にしていく方法

バカラで勝つためには、さまざまなことを考えて賭けなければいけませんが、誰でも簡単に思い付いて投資できる方法があります。
それは負けたら賭け金を2倍に増やしていく方法で理論上では必勝法とも言えるマーチンゲール法です。

マーチンゲール法はカジノの世界だけではなく投資の世界でも用いられることがある方法になりまして、とても単純なものなので初めて利用する方にとっても分かりやすいです。
一番初めのベットで負けたら、初めに賭けた金額の2倍を次に投入するものであり、負けたら2倍と延々と続いていきます。
賭けるものも配当が2倍のような固いものを対象とすることが多く、もし的中した場合は一番初めの金額に戻ります。

要するに負け続ければ2倍に増えていくのですが、一度勝てば最初に戻り絶対に損失を取り戻して勝つことができる方法です。
世界のなかのあらゆるマネーシステムで用いられており、このマーチンゲール法の考え方を変えたり、利用したりして色々なギャンブルや投資で勝負している方は多いでしょう。

この方法が生み出されたのは18世紀のフランスと言われていまして、1対1のペイアウト時に有効的であり、単純にルーレットの赤と黒のような2分の1の確率で的中するゲームで利用しやすいです。
勝負に負けたら次回の賭け金が前回の2倍になりまして、負け続けたら増えていますから2倍・4倍・8倍・16倍・32倍と膨れ上がっていくのも特徴になります。

勝率が50%でペイアウトも1対1であれば、どこかで勝てば必ず儲けられて損失がなくなる方法になりますから上手く利用できる場面がきたら使いやすい方法と言えるでしょう。

マーチンゲール法のメリットとも言えるのが、成功率がとても高いということです。
勝率50%のゲームに参加した場合ですと2回に1回は当たりますので、仮に1回目が外れても2回目も勝率50%ですから長く負け続けることが考えづらいです。
1回目に当たる確率は50%であり、次が25%・12.5%・6.25%・3.13%と負け続ける可能性は極めて低いと言えまして、単純な計算からすると勝率50%のゲームで10連敗する確率は0.1%です。

1000回プレイして1回あるかないかの確率であり、ベッド額は512倍となりまして、一番最初の投資額が1ドルであればトータルで1023ドルかかる計算になります。
1023ドル必要ですけど10回目で勝つことができれば今までの負けを一気に取り戻すことができるでしょう。

成功率がとても高いことがメリットでもありますが、諸刃の剣となっていましてデメリットは連敗すればするほど倍々ゲームでベット額が増えていくことです。
勝率はあくまでも確率でして、絶対とは言えませんし、いつか勝つとしても負け続ければ天文学的な数字になってしまいます。
そうなってしまえば破産になってしまいまして、誰でもできる方法ではありますが資金力が最も大事と言えるでしょう。

10連敗する確率は0.1%ではありますが、そんな確率を引く訳がないと思ってしまうところが危ないところであり、自分だけは大丈夫だろうと安易に考えて利用すると失敗してしまいますので、どこのタイミングで勝負をするか、資金力に余裕があるのかなどの要素も重要と言えるでしょう。
確率はあくまでも確率ということを理解しておくことが大事です。

もう一つ大きな注意点としてあるのが、先ほどは勝率50%を前提として確率を計算していますが、実際のバカラでゲームに参加する時に、そのゲームの勝率が50%とは限りません。
どのカジノでもハウスエッジというものがありますから素直な勝率に収まっていることの方が珍しく、場合によってはベットリミットがありますから決められた金額以上に投資ができなくて、決められた回数以内に勝たなければならないでしょう。

ルーレットの赤と黒ですけど、単純に見れば勝率50%になりますが、0の数字やハウスエッジもありますので、思っている以上に単純計算では難しいです。
長い目で見たら確率は収束していきますが、どんなものでも結果は偏る場合もありますのでマーチンゲール法を過信するのも危険と言えます。

ですが、単純で誰でもできる方法になりますから、実際に使っている方は多いでしょう。
どこから勝負をするか、負け続けた時に引き際を決められるのかが大事であり、負けた時のリスクを常に考えておかないと大変な目に遭ってしまいます。

よく必勝法と言われますが、見方を変えれば常に勝ち逃げをしなくてはいけないシステムとも言えまして、それを繰り返して行ない、少しずつ資金を増やしていきます。
勝てば少し増えて、仮に連敗して負ければ大金を失うという方法ということでもありまして、大変リスクが高いことが分かるでしょう。
単純にたくさん当てたい方にとっては良いかもしれませんが、負けた時が大変であり、儲けようと最初の額を増やしたらリスクも同時に上がり、負けた時を考えて少なくすると儲けが少なくなります。

無限に近い資金力があれば問題ありませんが、そうではない場合は必勝法ではないので注意して利用しないといけません。